風を感じよう、カイド・アクティブヒップバッグで。

KAID ACTIVE HIP BAG

ルアーアングラーに、トラディショナルなフィッシングベストが提供する細かなコンパートメントが必要なのか? という疑問を私たちはつねづね感じていました。お気に入りのルアーを入れたボックスと、リーダー&PEラインカッター、そしてスナップ。あとはミントスプレーに、カメラ、オニギリなどの行動食さえあればOKという軽快さ重視の釣り人にとって、このカイド・アクティブヒップバッグは最高の選択です。

最大の特徴は、ラインディングネットをホルスターに収めて携行できること。差し込んだネットは歩行時にブラつくこともなく、藪漕ぎ中に網が枝に引っかかるストレスもぐんと軽減します。両脇のポケットを利用すれば背面ポケットをいちいち前に回す必要はありません。ルアーの交換もあっという間です。

●カイド・アクティブヒップバッグ 本体価格/9,800円

  1. ネットホルスター
  2. 収納力
  3. ウエストベルト

ランディングネットを腰に収めて、より軽快に。

カイド・アクティブヒップバックに備え付けられたホルスターは、アングラーを「ランディングネットを携行するには、フィッシングベストが欠かせない」という既成概念から解放してくれる革新的なデザインです。腰のホルスターに差し込まれたランディングネットは身体との一体感が高まるため、石から石へ飛び移るような運動でうるさくバタつきません。もちろん、ホルスターはネットの出し入れがスムーズなので、ランディング後のリセットも簡単。一度取り外したネットを背面のマグネットやフックに掛けるイライラがなくなります。

縦内径30センチほどの渓流用小型ネットはもちろんのこと、縦内径35〜40センチの中型ランディングネットもスッキリ収まる、幅広いトラウトターゲットに対応する汎用性の高いサイズ感が魅力です。差し込み口が広く設計されているため、さらに大きなランディングネットも楽々ホールドしてくれます。バッグ底部のリングを利用して脱落防止のパラコードを繋げておけば、万が一の時も安心です。また腰全体でランディングネットを支える構造なので、その重さを感じにくいところもホルスターのメリット。フィッシングベストのように肩がこったり、背中の重さに前身頃が引っ張られてアンバランスになることもありません。

コンパクトなバッグながら、必要十分プラスαの収納力。

ウエストベルトの両サイドには、たっぷりの深さとマチをもたせたポケットを装備。本流釣りで使用される一般的なMサイズのルアーケース(160×90×30程度)を余裕を持って収納可能です。ネオプレン生地が適度に伸びてくれるので、さらに小型のボックスやミントスプレーなどのアクセサリーもあわせて隙間に詰め込めます。

背面のボックス型のメインルームには軽食やレインウエア、時には小型一眼レフカメラまでを収納できる容量をもたせました。内部のメッシュ仕切りにリーダーなどの小物、車の鍵や携帯をすっきりレイアウトでき、整理整頓も簡単。欲しい時に欲しいものがすぐに見つかります。

メインルームの両脇にそれぞれボトルポケットを設けているのは、ウオーターボトルの他に熊除けの唐辛子スプレーを装備したい冒険家たちの要望に応えてのことです。しっかり奥まで差し込み、さらにコンプレッションシステムをきつく締め込むことで細身のボトルでもホールドできるつくりにしました。(※熊スプレー専用ホルスターではありません。フラップで上から固定する構造ではないため、コンプレッションシステムの締め込み具合を確認しながらの行動を心がけてください)

安定感抜群の、締め込み式ウエストベルト。

カイド・アクティブヒップバッグは必要なものをたっぷり携行できる収納力が大きな特徴ですが、それらの道具の重さを腰でがっちり支えるために、締め込み式のウエストベルトを採用しています。いったん緩めた状態で腰にセットして、さらに左右のベルトを前方にぎゅっと締め込めば装着完了。メインルームの裏地がメッシュになっているため蒸れにくく、適度に伸縮性のあるネオプレン素材が身体との密着感を高めてくれます。また、テンションを緩めるのも容易なので、メインルームを前面に手早くずらすことができます。

ウエストベルトをあえて長めにとっているのは、厚手のネオプレンウエーダーの上から装着する状況を考えてのこと。保温性の高い防寒ウェアを着込む冬場の釣りでも、快適性を損なうことなく使えるヒップバッグです。

PAGE TOP